返済する必要がなくなる|辛い借金地獄にさようなら!債務整理ノススメ

辛い借金地獄にさようなら!債務整理ノススメ

返済する必要がなくなる

一万円札の海

債務整理を行う際、弁護士や司法書士と呼ばれる借金問題の専門家が「この人はどうやったら借金を返済できるだろうか」というのを必死になって考えてくれます。
ですが、そのように考えたとしても「この金額の借金はどうやっても返済することが出来ない」という風に思ってしまうような借金の仕方や金額の借金を持っている人も中には居ます。
そのような人に対して弁護士や司法書士は匙を投げるだけで何もしれくれないのでしょうか……答えは勿論「No」です。
そのような人に対しては最終手段である「自己破産」と呼ばれる方法の手続きを行ってくれます。

この自己破産というのは国が定めたシステムの一つで、この自己破産を行えば「今までどれだけの借金が合ったとしても、それを全額免除する事が出来る」のです。
そのため、例えば過去に数億円もの借金をしていたとしても、この自己破産の手続きを行えば、あっという間に借金の額が0円まで減るのです。
非常に嬉しい事なので、借金をしている人の中には「それじゃあ自分も自己破産だ!」という風に思い、手続きをしてもらおうかと思う人が現れそうですが、この方法が最終手段である、と言われるのには理由があるからなのです。

まず、自己破産を行うと「信頼の必要な職業になることができなくなる」というリスクが有ります。
更に、自己破産を行った段階で自分の手元にある財産というのはすべて没収され、20万円程の「生活を行っていくのに最低限必要なお金」と日用品以外、何も残らなくなってしまうのです。
そして更に、官報と呼ばれる弁護士などが読む専門の新聞のようなものに「この人は自己破産を行いました」という風に、実名と住所が掲載されるようになるのです。
これ以外にも多数のリスクが有るため、本当に自己破産を行うのかどうか、という選択は慎重に行うようにしましょう。